首いぼ&顔のポツポツはイボ薬「イボコロリ」で除去できる?

イボコロリ

 

イボを何とかしたい!

 

と悩んだときに、一番に思いつくのは、薬局で販売されている「イボコロリ」です。

 

イボコロリは、液体タイプで、患部に塗るだけの簡単なお薬です。

 

ですが、首のイボや顔のポツポツを本当に除去できるのでしょうか?

 

 

イボコロリって、何でイボを除去するの?

 

イボコロリは、サリチル酸という角質軟化溶解作用のある医薬品(第2類医薬品)角質剥離剤です。

 

イボに塗ると、すぐにイボを乾燥させ、白い膜をつくります。
そして、硬くなった皮膚を柔らかくして、イボを取り除いてくれます。

 

 

イボコロリの使い方は?

イボコロリ使い方

 

まず、キャップについている棒を薬液につけて、イボに塗ります。

 

 

薬液をつけるとイボが乾燥して白くなります。

 

 

(乾いた後は、お風呂や水仕事もOK)

 

次に塗るときは、白い膜を剥がしてまた塗ります。
これを3〜4日間続けます。

 

白くなったイボを、白い膜と一緒にピンセットなどで取り除きます。

 

 

イボが完全に取れるまで、@〜Bを繰り返します。

 

イボが取れると、皮膚は自然治癒力で再生します。

 

 

 

昔、祖母が背中にできたイボをイボコロリを塗って取っていました。
1cmほどあるイボが、1週間くらいで、ポロッととれていたのを覚えています(*^_^*)

 

イボコロリの使い方はとても簡単ですが、無理にイボを除去しようとすると痛みが発生するので、様子をみながら何度も重ね塗りしていくことが大切なようです。

 

 

イボコロリは、首や顔に使用できるの?

 

イボコロリ副作用

 

イボコロリは、イボ除去にはとても効果がありますが、説明書を見てみると、

 

 

顔、目の周囲や唇、粘膜
首などの皮膚のやわらかい部分
炎症や傷のある部分

 

 

には使用しないでください。とあります。

 

また、

 

 

水イボ
老人性イボ(茶色の凹凸のないイボ)
肛門や外陰部にできたイボ
一列に並んだイボ、群がっているイボ、多発したイボ

 

 

には使用しないでください。とあります。

 

そのため、残念ながら首イボや顔のポツポツには使えません…。

 

薬品を使用している「角質剥離剤」なので、刺激が強すぎるということだと思います。

 

ですが、イボコロリの効果は高いので、首や顔以外の盛り上がっているイボを除去する際には、大変おすすめのお薬です。

 

 

首イボや顔のポツポツの除去はどうすればいいの?

 

首イボや顔のポツポツは、イボコロリが使えない部位で、イボコロリが使用できない症状である、

 

老人性イボ
群がっているイボ
多発したイボ

 

の場合が多いです。

 

そのようなイボやポツポツには、肌に優しいクリームやオイルがおすすめです。

 

イボコロリのように即効性はありませんが、その分お肌に優しく、いつものスキンケアに取り入れるだけなので、毎日続けやすいです。

 

 

おすすめは、オールインワンタイプのイボ除去ジェル

イボ除去クリーム

こちらの艶つや習慣は、イボ除去に有効な杏仁オイルハトムギエキス(ヨクイニン)が入ったオールインワンジェルです。

 

オールインワンジェルとして、普段の基礎化粧品としても使えるところが人気の理由です。

 

 

→艶つや習慣の詳細はこちら

 

 

乾燥肌だし、オールインワンタイプは保湿が心配…。
顔じゃなく首のイボだけが悩み…。

 

という方には、イボやポツポツに有効なクリームやオイルもあるので、そちらを検討されてみても良いと思います(*^_^*)

 

 

→首イボや顔のポツポツに効く!クリーム&オイルランキング詳細はこちらから